• 日本語
  • Tiếng Việt

保育方針

アクティブラーニング

子どもたちが自ら周りにある環境に働きかけ、そこで起こる出来事・事象に触れ、そこにカカある人々と触れ合いながら、色々なことを学んでいく姿勢が大事です。生涯通して「学び」であるという土台をタオディエン 幼稚園で培います。

食育

色々な食材に触れる、味に触れてみることが、子どもの体つくりに大きく影響します。「噛む力」は特に脳の発達を活発にさせます。食材への興味関心を深めるとともに、感謝の気持ち、育てる大切さ、命まで、食べることを通じて感じてほしいと願います。

多様な文化に触れる

キレイな音色、鮮やかな色合いなど本物の音や色に触れる機会を多く作ろうと考えたいます。感性が磨かれていくために、この幼児期にできるだけ多様な文化に触れる機会を作ります。